トップ

結婚式が延期になってしまったら

結婚式の日取りを決めたのち、何らかの事情で延期をせざるを得ない状況になることは、決して珍しいことではありません。本人同士の事情ではなく、例えば身内の不幸などの本人たちの意思ではどうにもならないところで延期するというケースも大変多いのです。もしもこのような事態になってしまった場合は、焦らずに処理することがとても重要です。慌てて式場のキャンセルなどをしてしまいますと、キャンセル料が発生してしまいますのでこの点は注意してください。できれば、結婚式場側の担当者に事情を話し、いつごろであればまた式が挙げられそうかおおよその目安も決めておくとよいでしょう。場合によってはペナルティなしで対応してくださる場合がありますので、必ずしっかりと相談するようにしましょう。

素敵なお花箱

延期する場合もあるのです

結婚が間近に迫ると、マリッジブルーに襲われたり、何らかのプレッシャーが掛かることは決して珍しくありません。そんな気持ちのまま無理に結婚をしても、これから先の将来に対する不安が拭えないままになってしまいますし、後悔すらしてしまうこともあります。それでは自分の人生を台無しにしてしまいかねないですし、パートナーにも嫌な想いをさせ兼ねないので、延期することも視野に入れていきましょう。式場の日取りの予約までしてしまっているとなると手間などが掛かってしまいますが、式や入籍の日取りを延長したいという自分の気持ちを正直に伝えることはとても大切なことです。